令和6年能登半島地震支援企画 | ささやき、エリックペートル


能登半島地震支援作品 ご紹介しています

現在2点のアート作品のみ販売中です。

詳細は Grenier iDeco の商品ページをご覧ください。

売上の半分を令和6年能登半島地震への義援金として日本赤十字に寄付させていただきます🙏
ご不明な点はお気軽にお問い合わせを。

Grenier iDeco

Sasayaki Murmures Éric Petr 2023 | Blog pour Wajima
ささやき 年2023  |  エリックペートル の写真作品

https://grenierideco.com


この作品は2023年10月パリで開催されたグループ展で展示されました。
写真家:エリック・ペートル
タイトルは「ささやき」(Murmure)
Murmureの意味はフランス語でささやきとかざわめきとかの意味。

作者からは、

「2023年の春に日本を訪れた際、5月4日の夜に金沢の兼六園に行きました。
それは満月の夜で、自然のシンフォニーが聞こえました。
樹齢数百年の木々、時代を超えた池、そして輝く月は、私に能楽堂の舞台にいるかのような感覚を与えてくれました。」

エリックペートルの捉えた月の光だったり、ライトアップで照らされた百年生きてきて樹木の光の反射、美しい日本庭園の池の光などを集めてシャッターを押した作品は、翌日に起こる災害へのざわめきのように聞こえたと言います。

そして、その翌日能登半島で大きな地震がありました。
まるで予知していたかのような金沢でのメッセージを写真に収めた、と私達は思っています。

年明け2024年1月1日のニュースは大変ショックでした。
あの思い出の土地が被害にあっている。。。
輪島の朝市は跡形もなくなってしまい、多くの方が被災者となっている。
あのお土産屋さんの店主は?お寿司屋さん、喫茶店のマスター、スプーンに名前彫ってくれたお姉さん、できたてを食べさせてくれたおまんじゅう屋さん、お寺のお坊さんたち、などなど、できる限りの方を思い出しながら、写真を見返していました。

ブログにどのようにしてこの写真が存在するのか、またいつか皆さんにも観光で訪れてほしいと思い、石川県の観光情報も兼ねてブログ書きました。↓

文:グルニエ・イデコ

ブログをご覧ください ↓  ↓  ↓

grenieridecobrocante.blogspot.com/2024/01/Ishikawa-Noto-Peninsula2024

パリ京東|レアリテ・ヌーヴェル Hors les Murs > レトロスペクティブ

京都で発表された写真 ©Éric Petr 光0x58B17F46

レアリテ・ヌーヴェル展|パリ京東2023 Hors les Murs

2023年4月26日から30日まで、京都市の京都国際交流会館(KOKOKA)で開催された「レアリテ・ヌーヴェル パリ京都 」(紙による抽象作品)展は、素晴らしい出会いでした。
この展覧会には主に日本人の観客が訪れて、国境を越えて芸術と文化を開放の精神に基づき、非常に建設的な交流が育まれしました。

ヴェルニサージュ当日の4月26日には、展覧会を主催するKokokaの藤田裕之様の館長と、レアリテ・ヌーヴェルの主催者である佐藤 純様によるオープニングセレモニーが行われました。彼らにぜひ感謝しています。
この日のために、田中 美貴子さんの京都府府議会議員と今村 正喜さんの今村園芸十三代目当主も、来て作ってもらいた2つの豪華な花束が会場を華やかに彩りました。とっても綺麗でした!
このイベントはまた、小学校のクラスを迎える機会でもあり、この非常に若い観客にアブストラクトアートに対する認識を高めてもらうために、ドローイング・ワークショップやアーティストとのディスカッションが企画されました。

アーティストの作品たちの壁掛けの最後に展示のビデオプレゼンテーション
田中 美貴子さんと今村 正義さんによるフラワーアレンジメント
アーティスト  (左から):まさの あかねさん、とのむら 茂一さん、
画家・古武 康至先生(ご来場いただきました)、エリック・ペトル、おかよこさん

参加アーティスト

日本人のアーティスト 🇯🇵
おかよこ
佐藤ひろみ
とのむら 茂一
まさの あかね

レアリテ・ヌーヴェルのアーティスト 🇫🇷
モハメド・アクスー
サンドリーヌ・アルス・コワニャール
マリア・アルベライズ・ゴードン
ジョアニック・ブクール
ミリヤ・ベリック
ロジャー・ベンサソン
ジョエル・ベス
クリスティン・ボアリー
フランセスク・ボルダス
クレール・ボルド
キャロリーヌ・ブーシェ
キャロルアン・ブラウン
ジャンヌ・シャートン
アン・コメット
ラルフ・キュティロ
クレール・ドゥ・シャヴァニャック
ダイアン・デ・チッコ
デルノー
オリヴィエ・ディ・ピツィオ
ベルナール・ディデル
フィリップ・アンリ・ドゥーセ
ジル・ドルーアン
ヤニック・デュブリノー
サハール・フォルタン
アラン・ギヨン
エロイーズ・ギャール
フレデリック・ヘニネール
ステファニー・ヘイヤー
イングリッド・ホルネフ
マリー・クリスティーヌ・ジャラドン
ベルナール・ジュフロワ
フランソワーズ・クレザ
エリック・ルヴェック
アラン・ロンゲ
パスカル・マホウ
クリスティーナ・マルティネス
シルヴィ・マリー
ジャン・ポール・メゼール
セリア・ミドルミス
ムニラ・ナクイ
ジャン・ナヴァイユ
ローランド・オレピュック
パオラ・パルメロ
アナ・ペレス・ベントゥーラ
エリック・ペートル
ローレンス・ルボー
佐藤 純
マリー・フランソワーズ・セラ
マドレーヌ・シンス
ボグミラ・ストロジナ
フランソワ・スピオ
サンドリーヌ・ティエボー・マチュー
マリン VU
ジャック・ウェイヤー

場所

京都市国際交流会館(kokoka)
〒606-8536 京都府京都市左京区粟田口鳥居町2−1
TEL : +8175-752-3010
https://www.kcif.or.jp/

レアリテ・ヌーヴェル・パリとの共同企画展
http://www.realitesnouvelles.org

レアリテ・ヌーヴェル|パリ京都 2023

レアリテ・ヌーヴェル
HORS LES MURS パリ京都

抽象芸術 – 紙の上の作品


公益財団法人京都市国際交流協会財団共催展

04月26日(水) 〜 04月30日(日) [ 9:30 〜 17:00 ]


ヴェルニサージュ:2023年4月26日(水) [ 17:00 〜 20:30 ]

京都市国際交流会館
「双子の町」展示室
〒606-8536 京都府京都市左京区粟田口鳥居町2−1
電話番号:075-752-3010

https://www.kcif.or.jp/en


この美しいイベントに招待されたことを嬉しく思います。このアブストラクトアートの展覧会のために、40x55cmのマットなコットンファイバー紙にプリントした未発表写真作品を3部販売します。

ヴェルニサージュでお会いできることを楽しみにしています(╹◡╹)♡

展覧会開催中、2023 年 4 月 15 日から 5 月 15 日まで京都で国際写真フェスティバル KYOTOGRAPHY が開催されます。それから、この機会に他の展覧会もご覧いただけます。

www.kyotographie.jp

写真家としての私のアートワークについて

私のギャラリーの画像は、限定版のファインアートペーパーに印刷された作品です。
これについては、このページを参照してください。
私の作品にご興味のある方は、遠慮なく私に連絡してください。
展示会やイベントへのご要望にもお応えします。
私のアートワークをフォローしたい場合は、Facebookページまたはニュースレターにご登録できます。

Image thema 7 © Éric Petr
0x10A1DD04 © エリックペートル 2015年

私の写真は宇宙と人間との対話です。
それは、光の痕跡が書きだすもの、物質となった光、宇宙を通して広がっていき、世界を創造するエネルギーによって書かれたものです。

私のカメラで撮った画像は、私の近視を補うためカメラが私の目の替わりとなって私の世界観または宇宙観を作り出しています。

量子力学理論によれば、私たちの目に見えている世界は、事実とは異なる世界なのではないだろうか?という疑問が湧くのです。

歴史を表現するアンティークの物体(額)と永遠を超えた私の写真の両者を共鳴させたいという思いが組み込まれています。

私の写真が時代を超越し、アンティークの物体が人間の当時の技術と歴史を思い浮かばせお互いに共鳴します。

この、目に見えない時の流れによって、地球と空の合体からこの写真が出来上がりました。

0x480DF803 © エリックペートル 2014年